« 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その② | トップページ | 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その④ »

2005/07/24

爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その③

2005.7.17 (晴れ時々曇り)

チュンチュンチュン・・・。小鳥の声で目が覚める。時刻はam6:00。

”今日はのんびり行こうかね。”

僕は身支度をし、桜島フェリーへと向かった。

 

フェリー乗り場は昨日訪れた鹿児島水族館のお隣さん。am7:10出航。

2005

朝日を浴びた桜島は、雲がかかり少々ご立腹?

このまま鹿児島市から桜島めがけて海上を前進。

『じゃまな雲だなー。』

 

この船は地元の方々の大事な足。白黒熊+白熊号で¥560。とてもリーズナブル。

およそ15分の船旅のため、船上で車の方々はのりっぱ。唯一のバイクであった

白熊号もロープ等で固定せず置きっぱ・・・。ホントニ?ちっと不安だった。

また、航行中は船頭をイルカが横切る。こんな近くまで来ているとは驚きだ。

 

船を降りR224で島内を爆走。そのままR220に入りシーサイドを南下。

途中路上で同県ナンバーのタンデムライダーに声をかけられる。なんでも彼らは

陸走でこの地に来たそうだ。バイクはでっかいスクータータイプの250cc。

半帽ヘルにタンクトップというスタイルは、見ている僕をもハラハラさせた。

これでコケたら天国へGOだ。 ”もう少し考えてみたら?自分の人生。”

 

途中R269、県道68号、佐多岬ロードパークを使い、am9:00佐多岬に到着。 

2005展望台には観光客がいたが、まだ時刻も早いせいか少なめ。

 

西には開聞岳があり・・・






 

 

2005  

当然南には何もない。




 

2005 どうして人は”端”を求めるのか?

 

しばらくたそがれて佐多岬を後にした。

 

来た道をしばらく戻り、鹿屋市からR220を志布志町方面へ。

そのままR448、県道36号で都井岬へ。am11:00到着。

2005この岬には野生の馬や猿がのんびりとくつろいでいる。

観光客も大喜びだ。僕はこの岬で昼食をとった。



 

2005一方白熊号はというと・・・

 

野生の馬と戦い・・・

『なんだアレ?』





 

2005

 

 

絶景に心奪われていた。 

『すんげー。。。』 

 

 

それから日南フェニックスロード(R448)を北上。今日の宿泊先である南郷の

プリンス系ホテルに到着。時刻はpm2:00。ホテルのご好意に甘えて早めに

2005 チェックインした。泊まった部屋はツインのシングルユース。

オーシャンビューは僕を十分に和ませてくれた。

すぐにビーチでゴロリと読書なんて考えていると、

『今日はあいにくの波で遊泳禁止です。。。』

『えっ?』



このために早くチェックインしたのに・・・。ガッカリ。この分だと濁りも出ているため

潜るのもあきらめた。台風5号のいじわる。。。

仕方なく泳げないビーチをぶらぶらして、露天風呂に入る。

体重計にのると・・・あれ?   ” 2キロ減ってる!!” 

確かにかなり暑くて汗かいたけどね。苦笑

風呂から上がって、しばし休憩。夕暮れになるとバイキング形式の夕食に

麦酒にワイン・・・むふっ。宮崎牛、冷汁、海の幸を腹いっぱい食らった。

夕食後にまたもや露天風呂に入ると体重は無事に戻ってた。

”はて?2キロも食ったのかなぁ?謎。”

部屋に戻りぼんやりと過ごす。 

波の音が心地よく響く部屋で、僕はいつの間にか寝てしまった。

« 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その② | トップページ | 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その④ »

Travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92807/5127435

この記事へのトラックバック一覧です: 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その③:

« 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その② | トップページ | 爆走!白熊号 ~宮崎・鹿児島編~その④ »