« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/30

やすらかなる国 Thailandへ。。。その②

2005.09.24 (晴れ)

頼んでいたモーニングコールで目が覚める。時刻はam7:00。

ツインで1,300Baht(1Baht=¥2.7)の部屋でも

一応モーニングコールはしていただけるようで・・・。苦笑

僕らは眠い目をこすりながらしぶしぶ出かける準備を始めた。

 

昨日寝る前にブッキングしておいたハイヤーは以前も使ったことがある。

以前は国産車(クラウン)と外車(ベンツ)の2クラスで料金を分けていたが

今回は外車(ボルボ)の1クラスのみ。彼らの基準は未だに理解できないが

どうでもいいから朝来るよう頼んでおいた & ちゃんと来た。

僕らは早々にゴルフバックを積み込みゴルフ場に向かった。

shinai1  

おぉ。 

さすがボルボ。原チャリよりは早いようだ。

 

 

タイのゴルフ場は郊外に多数ある。およそ40分ほどで今日の目的地

”キアタニ カントリー ゴルフ場”に着いた。

このゴルフ場はオーナーが日本人。プレイしている人も7割が日本人。

とはいえ、週末で2,400Bahtならまあまあかな。

ロッカー室もシャワー室もとてもきれいで快適だ。

僕らはブッキングしてなかったけど、なんとかプレイすることができた。

golf1  

 

 とてもきれいなコースだ。

 

golf2  

 

”ナイスショット~♪”




 

golf3

 

 

友人はゴルフを、僕は散歩?を十分に楽しんだ。

 

プレイを終え、シャワーを浴び終えたのはpm2:30。お腹も減っていたが

どうせならとゴルフ場での食事は我慢。帰り道で運転手に適当に降ろして

もらい、レストランでタイ料理を堪能した。それ故に店の名前は覚えていない。

meshi1

 

 

なかなかいい感じの店で、お勧めはタイスキ?

 

 

mashi2

 

本場のトムヤンクンはキツかった。。。

香草系バリバリ。。。 

 

食事を終えてホテルに着いたのはpm5:00。

とにかく日ごろの疲れ?を癒そうとすぐに部屋を出て近くのビルに入って

いたマッサージ店に向かう。そこで僕は1hr、友人は2hrのマッサージを堪能。

ちなみにお値段は1hrで360Baht、2hrで570Bahtだった。チョイトタカメ?

僕はそこであり得ない方向にねじられた。イタタタタッ。

そういえばそこで途中から入ってきた日本人のカップル。特に彼氏。

マッサージの際に店が用意した服(パジャマ?)に着替えるのに、

”パンツ脱ぐの?” だの ”いやらしいマッサージされちゃうの?” 

だの聞かないように。アチャー。

外にちゃんと”traditional massage”って書いてあったでしょ?

彼女があまりにかわいそうだよ。気をつけてね。

 

1時間経つと僕は、寝りに落ちていた友人を起こさずにそっとその場を抜け出した。

マッサージをしてくれたおばさんはどうもパタヤ近くの出身らしい。日本茶と言わ

れて出されたウーロン茶を飲み干し、世間話もソコソコに僕は街にくりだした。

街には商人、学生、会社員、行き交う人たち・・・うーん。。。以前と何かが違う。ハテナ?

”あっ。みんな携帯電話持って歩いてる!!”

以前来た時にはイージーコールと呼ばれるポケベルを脇にさして歩いて

いたが・・・・・間違いなくこの国は進歩してる!!

さらに街中には道路の上を電車(スカイトレインと言うらしい。)が走って

いるではないか!!いや~驚いた!!

しばらくぶらぶらし、ホテルに戻って友人と合流。その事実を伝えると・・・

 熊  『すごいことになってるよ!!』

 友人 『あっそう。』

 熊  『だって電車だよ。』

 友人 『ふーん。』

相変わらず彼はクールだ。。。大ニュースだと思ったのに・・・。グスン。

しばらくして僕らは食事に出かけ、にぎわう街を目で楽しみながらその日

のうちにはホテルに戻った。そしてすぐに眠りについた。

2005/09/29

やすらかなる国 Thailandへ。。。その①

2005.09.23 (晴れ)

今日は出発の日。久しぶりの海外旅行に少し緊張?

夕方のフライトなのにam7:00に起床。旅支度を開始。

持ち物は、パスポート、エアチケット、着替え、ハブラシ、お金・・・ゴルフバック?

今回の旅行のために購入したコロコロ付きのカバンにそそくさと詰め込んだ。

僕自身は付き合い程度にしかゴルフをしない人。

今回はパートナーがゴルフ好きであるためそのお付き合いで持って行くことに。

そのため必然的に?空港まで車で行くことになった。ラクチンダシネ。

眠気覚ましのコーヒーを飲みながらなんとか準備完了。am10:00に出発。

神奈川に住む友人宅に着いたのはam12:00だった。

 

今回のパートナーは大学時代の友人。

僕と彼は同じ研究室に所属してはいたが、研究内容はまったく異なっていた。

案の定、僕はそのまま日本で、彼はNYに渡りそれぞれ修士課程を学んだ。

いずれにせよ貧しい語学力しか持たない僕にとっては心強いパートナーだ。


荷物を積み込み、空港までのルートを確認。連休初日で大渋滞?のため

早め早めのpm1:30に出発。

なんだかんだで、空港に着いたのはpm3:30。

pm6:45のフライトにはだいぶ早いなぁ。。。ナゼナノ?

narita1

 

 

第一ターミナル利用にぶーぶー言いながら?

 

narita2

 

 

カウンターにて発券。空港内をぶらぶら。

 

narita3  

 

”まだまだ時間あんね。。。”





 

narita4   

ちょいとラウンジで休憩。

 

 

やっと?それなりの時間になったんで

飛行機に乗り込んだ。ツカレタ?

 




タイまではおよそ6.5時間。限りなく中途半端な時間だと僕は思う。

ウトウトしながらも出された夕食をたいらげ、眠りかけた時には着いていた。

結局フライト中に上映されていた”デンジャラスビューティー2”の内容も

あまり理解できなかった。ナンダッタンダアレ?

空港を出るときには現地時間でpm12:00。

”ようこそ!!○○さん!!”のパネルを持った現地の添乗員たち、

血のつながっていないパパを迎えに来た若い女性たち、非常に高額な

ハイヤーを勧める男性たち・・・こんな相変わらずの状況を見てこの国

に帰ってこれたことを即座に実感できた。

僕たちはホテルの予約をしていなかったため、とりあえず目ぼしい地区

までタクシーで移動&交渉&すんなりと成立。

別に男同士の気兼ねない旅にあまりホテル代をかけないのが僕ら流。

ただし、

いざという時逃げられる窓&非常口が近い部屋

を希望した。シングルが2部屋空いていなかったのでダブルで了承。

お互いホモではないことも知ってるし、たまには修学旅行みたいでいっか。

otukare1早速近くのセブンイレブンでビール

とおつまみを買い、部屋へ戻って乾杯。

うん、うまい♪

 

僕らは翌日のゴルフに備えて眠りについた。

 

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »