« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/19

沖縄2008~その先にあるもの~その⑦

雨は激しく猛烈に降っており、フェリーを降りてすぐにタクシーに乗った。

運転手さんの話ではすぐに止むんじゃないかとのこと。

うーん。取り合えず野球の話で盛り上がった。。。。

で、どこにいくかと聞かれたんで市場の方に向かってもらった。

雨はしのげるはずだ。

それから市場本通り、むつみ橋通り、平和通りをくまなく?探検したが、

雨はまだ降っている。。。。ヤレヤレ。

諦めて激安傘を購入し、アーケード内から脱出した。

おなかが減ったんでテキトーに店に入り、沖縄料理を食らった。

それから宿に向かってテクテク歩く。

そのうち雨も止みはじめたが、今日は十分にはしゃいだので?宿に

すんなり戻った&お風呂入ってTVを観てたらいつの間にか寝てし

まった。。。

 

2008年7月14日(晴れ)

AM6:00。起きた。

いつものように目覚ましTVを観ながら、フライトの時間を確認。

(あぁ。ホントに帰るんだ。)

今回はホント短い滞在だ。

予定していた通りにはいかなかったが、十分に癒された旅であった

ことは確かだ。少し早めではあったが宿をでた。

Img_0636_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来るたびに変わっていく沖縄の町を見ながら空港に移動。

Img_0653_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックインを済ませて、ボンヤリと外を見ていた。

うっすらと見える海に浮かんだ慶良間諸島に昨日の冒険を思い

出していた。(楽しかったなぁ。今度は泊まりで潜ろうかな。)

それからA&Wでコンボを買って見学デッキでいただく。

このパターンは前回から採用。笑

Img_0656_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間通りに飛行機に乗り込み、羽田空港へ。

機内で本を読んでいると・・・

CA 『あのぅ。。。アンケートにお答えいただきたいのですが?』

くま 『いいですよ。』

・・・・。

実は昨日道で写真を撮られて店のホームページに載せていいか

聞かれた。そんな出来事にまんざらでもなかったおいら。ワッハッハ。

でも2回目となると・・・・

もしかしておいらとってもAverageなのか???笑

ひと眠りして無事東京。明日の仕事の段取りを考えながら、

残りの帰路についた。。。。

 

 

<今回の戦利品>

Dsc_0010003  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

張子のシーサーくんと・・・

Dsc_0005002  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じんべぇーくん。 

Dsc_0003001  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっとぼけた顔がお気に入り♪

沖縄2008~その先にあるもの~その⑥

Img_0588_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海浜の近くの日陰でしばらくぼんやり。。。

オアシスちっくなスペースにまどろむ。笑

Img_0576_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村中の道は狭いが、これはこれでまったく問題なし。

車が来ればバックすればいいし、わき道にそれてもいい。

ただそれだけのこと。

Img_0601_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからミニカーをショップに返し、歩いて散策。

この村はダイバーのパラダイス。

家、民宿のほとんどにBCやスーツが干してある。

港までテクテク歩き、潜って歩いて帰ってくる。

または軽トラの荷台で移動。笑

どっぷりダイビングに浸かれる最高の環境がここにある。

Img_0614_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、港にもどってふらふら。 

Img_0611_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロくんもオシャレしてもらいご満悦?だ。。。

Img_0624_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は思った。

CO2削減、自然を守ろうと世間では様々な活動がおこなわれている。

それはそれでとてもすばらしいことだ。

でもその人たちが本当に守りたいものってなんだろう。

ニュースで砂漠化が進んでいると言われても、現状は理解できるが

どうしても遠い国の話のように思える。まだ、氷山が溶けて白熊が

大変なことになっているほうが動物園愛好家?の僕にとっては少し

はリアリティがある。都会に住み、公園や街路樹以外に緑にふれる

ことが少ない人々にとってやはりそれは身近な問題だと感じることが

できるのであろうか?僕は今回の旅で本当に僕らが守っていかなけ

ればならないもの?いや、僕が守りたいものはこの海であり、この

景色であると思った。(生意気言ってスミマセン。)

Img_0634_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしてフェリーに乗り込み、泊港へ向かう。

船内のTVでは高校野球沖縄大会が中継されており、皆が注目。

試合も後半に入り、球場には激しい雨が・・・。

(雨の中大変だなぁ・・・・ん?)

外は雨。

僕も大変。。。

沖縄2008~その先にあるもの~その⑤

数分でニシバマビーチに到着。

売店員のにいさんに数年前に関西から来てたアルバイトのにいさんが

いたことを話すと、

『いたかもしれませんねー。

 大概アルバイトは2年くらいで入れ替えているんですよー。』

なるへそ。いなかった。。。

でも、売店のご主人はもちろん変わらずにいたのでお話しした。

くま   『こんちは。ご主人は変わらず元気ですか。』

主人  『おー。』

くま   『ホームページ時々見てますョ。』

主人  『あれはオレじゃねー。別人だー。笑』

くま   『またぁー。』

にいさん『あの色男はこの人じゃないよー。笑』

主人  『あれは妻の愛人だー。それはそれで問題かー。笑』

くま   『大丈夫。大丈夫。どっから見てもおじさんだったから。笑』

ばかっぱなしに花が咲き、そして展望台をめざす。

Img_0578_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおい。こんなに長かったかな。この階段。汗。。。

Img_0580_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん。

海上に浮かぶクルーザーも景色の一部と化してました。ハイ。

Img_0585_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーチも相変わらずの美しさ。。。

売店で是非泳いでいくことを勧められたが、まぁ冒険の途中なんで。

次回は泳ぐ。じぇったい。笑

Img_0575_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから村落を抜け、島の反対側の展望台(天城・クシバル方面?)

に向かう。

しかし、途中まではなんとか行くことができたが、急な上り坂でこの

ミニカーでは登れない。。。(携帯忘れたし、人も通りそうもないし。笑)

結局そちら方面はあきらめた。

Img_0591_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから港ちかくの浜へ。 

この浜は村落に面していて、人々にとってもっとも身近な海であろう。

沖縄2008~その先にあるもの~その④

少し戻り、慶留間橋から見えた学校のほうに行ってみた。

Img_0555_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、木陰で休んでいたおばぁ以外の人には誰にも会わなかった。

とにかく暑い。。。

Img_0557_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーサーは暑くても勤務中。。。ゴクロウサマ。 

Img_0559_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校は幼稚園であり、小学校であり、中学校であった。

この学び舎で十年近く過ごすんだ。。。 

Img_0558_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

港から望む海も魅力的だった。

Img_0562_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の上でも勤務中。。。ゴクロウサマ。

この辺の屋根は白いものが目立つ。

わざと白くしたのか、白くなったのか?

日光を反射させて家の温度が上がるようにしているのか? 

Img_0598_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒険は順調。

トラブルもなく快適だ。

Img_0570_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿嘉大橋に戻ってきた。

Img_0572_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今度は港の向こうのニシバマビーチの方に行ってみよう。

前回来た時に話したビーチの売店のにいさんは今年もいるのだろうか?

少し期待して橋を渡った。

沖縄2008~その先にあるもの~その③

フェリー待合室の売店のお姉さんの紹介で、

Img_0526_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑今回のパートナーです。ハイ。

一人乗りのミニカー。3hで3500円でした。

レンタルショップのおじさんの話では、

『坂を登る時には勢い付けて登ってね。止まっちゃうさー。』

『携帯持ってる?止まっちゃったら連絡するさー。』

『持ってないの?運よく人が通るのを待つさー。』

・・・・。

だいじょうび?

Img_0567_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ。

吸い込まれそうな海に興奮。フンガー。 

Img_0530_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Let's go♪

阿嘉大橋を渡って慶留間島へ。 

Img_0547_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海沿いの道を数分走ると慶留間橋に着く。

Img_0536_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶留間橋は慶留間島と外地島を結ぶ橋だ。

Img_0533_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋の上からの景色は最高。

鳥肌が立つほどの景色に出会ったのも何年振りであろうか。

Img_0538_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋を降りて散策をしたりして。

Img_0554_1   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になるものがあるとどこでも止まる。

Img_0537_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、先端のケラマ空港。

人の姿はなかった。。。

沖縄2008~その先にあるもの~その②

2008年7月13日(晴れのち曇り時々雨)

AM7:00。目が覚める。

今回の旅のテーマは”癒し”?

最近体も心も衰弱している僕はとにかくゴロゴロしようと思って

いたので、数年ぶりに近場の渡嘉敷島に渡ろうと決めていた。

泊港から30分ほどで渡れる島で阿波連ビーチがある。

朝からちんたらと準備できる一人旅の特権を行使し、結局

AM8:30に泊港に到着。既に人いっぱい。。。

渡嘉敷島行きのフェリーのチケット売り場は長蛇の列ができており、

先頭の人は、

『次のフェリーには乗れません。乗れるのはAM10:00発です。』

と言われていた。30分で渡れる島に行くのに1時間以上待たされる

のはどうも納得できない僕。(←予約入れろよ!笑)

やめた。

『他にイイトコないかな・・・・あっ!すぐ乗れます?』

『乗れます。急いで乗っちゃってください。』

阿嘉島行き決定。

5分後には・・・

Img_0513_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェリー乗り場でパチリ。

クイーンざまみは初めてお世話になる。

高速フェリーは1hほどで島にいけるすぐれものだ。 

Img_0516_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェリーの中は快適。

クーラーさいこう。ガンガン冷やしてくれる。

Zzzz。。。 

・・・・ん?

Img_0520_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、座間味島。

高速フェリーは泊港→座間味島→阿嘉島の順で寄港する。

相変わらずの海の色に帰ってきたことを実感。

そして、

Img_0620_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数分で阿嘉島着。今回で2度目。

僕には座間味島よりこの島の方が好きだ。

さて、ビーチに行くのには・・・ん?阿嘉大橋だ。

・・・・。

僕は前回来た時にこの橋を渡ってみたかったことを思い出した。

・・・・バイクのレンタルあるのかなぁ。。。。

2008/07/18

沖縄2008~その先にあるもの~その①

2008年7月12日(曇りのち晴れ)

 昨日もクタクタになるまで働き、やっとの思いで帰宅した。

すぐにでも寝りたかったが、荷をかき集め今日という日を迎える

ための準備をした。その甲斐あってか今日は起きてからの時間

妙にまどろんでいた。やや早めではあったが、自由と言う名の旅

に出た。

AM7:00。駅のホームにはスーツと私服が半々くらいであろうか。

そしてコロコロ付きのバックを引いている人もあちこちに見られる。

ひと昔前には浮いていたトラベラーもコロコロブームの中に紛れ込み、

『私は旅行中です。』と知らして歩くような状態でなくなったのは

非常に助かる。新幹線では無事座ることもでき品川までひと眠り。。。

AM9:30。羽田着。ラウンジでふた眠り。。。

AM12:30。飛行機内でまたZzzz。。。

PM2:30。

Img_0496_1_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきました。沖縄。

いやーホントよく寝た。それだけでも十分満たされた気分だ。

まずは泊港の近くの宿にチェックインし、荷物をおいて

国際通りへ向けてテクテク。

沖映通りからニューパラダイス通りへ。公園で休憩し国際通り

へ出る。おなかも減ったんでご飯食べて、お店を一通り見て回る。

これ!というものもなく、なんとなく時間が過ぎた。

リュウボウ前で休憩し、そろそろいい時間になったんで、 

Img_0501_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場入り。

受け付けのお姉さんに席を選んでもらい、

最前列で沖縄のアツイ夜に参戦。 

Img_0503_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも席は3列。。。。2列目からちびっこも参戦。

この沖縄プロレスは沖縄住民なちよんさんのblogで紹介されて

いたのを見て、ちょっくら寄ってみた。

すごくアットホームな団体でレスラーの方々には良くしてもらった。

会場はミルマングースに案内され、売店ではキャプテン・ザックに

良くしてもらい、まだデビュー前の新人さんには

”ナイショですョ。チョットですョ。先輩に怒られますんで。。。”

と言いながらもちょこっとロープに触らせてもらっちゃった。ウフッ。

そして、お隣の大阪から来ていた女の子といろいろ話した。

この沖縄プロレスはもともと関西のプロレス団体であったこと。

ここは実力派の選手も結構参加していること。

そしてその子が熱狂的なファンであること。。。。

楽しそうに話すその子の目が妙に印象に残った。

試合はというと・・・・

・シーサー王 VS キムジナー

・キャプテンザック VS カンムリワシ用高 VS シークヮーサー仮面

・怪人 ハブ男 VS ミルマングース

・ゴーヤーマスク VS ゴールデンパイン

・アグー VS めんそーれ親父

飛び交う声援は、

”ゴーヤー、がんばれー。”

”ハブ、いいぞー。”

おとなも、ちびっこも、みんなで応援。選手も声援に応えてハッスル。

目の前でバシバシ。迫力満点。

なにせ、最前列ですから。。。

約2時間ほどだったけど、あっと今に時間が過ぎ、十分に楽しめた。

帰りにシーサー王に握手してもらった。

”がんばってください。”

”ありがとう。また来てください。”

Img_0506_1   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから彼らには明るい未来がやってくるだろう。

だって、こんなに一生懸命で、こんなにさわやかで、こんなに

人を楽しませ、そしてこんなに熱い人たち。

僕はこれからも彼らを応援していこうと思った。

 

宿に戻ったのはPM11:00頃。

明日は高校野球沖縄大会決勝戦。

そして僕は島に渡る予定だ。 

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »